1. HOME
  2. 特集
  3. 「正当な理由がない子どもの連れ去りは未成年者略取罪」 警察庁が明言。

SPECIAL

特集

「正当な理由がない子どもの連れ去りは未成年者略取罪」 警察庁が明言。

親が離婚した後の子どもの養育に関して総会を開いた「共同養育支援議員連盟」。

2月3日の共同養育支援議員連盟総会で警察庁の担当者が、離婚を巡り、どちらかの親が合意なく子どもを連れて別居してしまう「連れ去り」、そして連れ去られた子どもの「連れ戻し」について、「正当な理由がない限り、未成年者略取誘拐罪にあたる」と明言しました。


(柴山昌彦会長のTweetを引用)

今後は警察庁が「未成年者略取罪に当たる」と踏み込んだことで、「連れ去り」に対する現場での警察の対応がしやすくなり、抑止力が働くようになるのではと期待が寄せられます。

なお、法務省の法制審議会の家族法制部会の会議は11回目まで終了しています。
同省の担当者は、次回から2巡目の検討に入り、今年中に中間とりまとめを行い、その後最終答申に入るといったスケジュールを表明しました。

Translate »