1. HOME
  2. 特集
  3. 子の連れ去りで新法案準備 日本に厳しい措置も―米下院

SPECIAL

特集

子の連れ去りで新法案準備 日本に厳しい措置も―米下院

 【ワシントン時事】国際結婚破綻時の子供連れ去りに関する公聴会が29日、米下院外交委人権小委員会で開かれた。長年この問題に取り組むスミス共同委員長(共和党)は「日本は共同親権の概念を認識していない」と述べ、子供を取り戻すため日本に対し国務省が厳しい措置を取りやすくする新たな法案を準備していると明らかにした。

国内の子どもの連れ去りを問題としない裁判所他司法当局の対応が国際社会から厳しく問われています。
国内の子どもの連れ去りを容認、放置することは「ハーグ条約の形骸化」を招き、国際社会から信頼を損なうことは明確です。

Translate »